NEWS
ニュース

スポーツのステークホルダーを理解する

2021.01.12

ステークホルダーとは、「ビジネス上の利害関係者」を意味します。スポーツビジネスにおいては、ステークホルダー(利害関係者)は多様であり複雑なのが特徴です。また、その多くが関わるだけでなく、幾重にも別の機能を持っています。

したがって複数の利害関係が生じ、ステークホルダー間にも市場が形成されています。それらの複雑に重なり合った利害関係を正確に把握することが、スポーツビジネスを理解する上での基礎本的視点です。


スポーツの主なステークホルダー6つ
➀ 所有者(株主/親会社など)
➁ 競技関係者(IF/NF リーグ、チーム、監督、選手)
➂ ファン
➃ メディア
➄ スポンサー
➅ その他(自治体・施設・地域、社会等)
※内部のステークホルダーとしてスタッフは除外しています。また、立ち位置や置かれている状況によってその属性は変化します。(チームでもプロ・実業団・大学などがあり、ファン属性がファン・社員・学生等となります。)


整理が出来たら、各ステークホルダーと自身との現在の関係を整理し、問題点や改善点は無いかを問いかけ検討することが大切です。



続きはこちらから